医療設備

CT(コンピュータ断層撮影:Computed Tomography)

CT(コンピュータ断層撮影:Computed Tomography)

身体の横断像(輪切り)の写真を撮影することで内部構造が詳しくわかる検査です。

横断像をコンピュータ処理することにより、さまざまな方向の断層像や立体的な3Dを作成することも可能です。

PAGETOP

EEG(脳波:Electroencephalogram)

大脳皮質の活動電位を波形として描き出したもので、脳の機能的異常、器質的な障害を明らかにし、診断に役立てる検査です。

脳の働き、てんかん、脳動脈硬化症、脳血管障害、脳腫瘍、意識障害などに有用です。

PAGETOP

ECG(心電図:Electrocardiogram)

心臓の筋肉が興奮(活動)する時に生じる電気変化を波形として描き出したもので、これにより心臓の状況を把握することができます。

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心肥大、高血圧、脳動脈硬化症などに有用です。

診療情報提供書

PAGETOP

エコー(超音波:Ultrasonography)

人に聴こえない数MHz〜十数MHzの高い周波数の音波を使い、身体の中の状態を調べる検査です。

肝臓・胆のう・膵臓・腎臓などお腹の中の臓器、心臓や血管などの検査が可能です。

PAGETOP

X線撮影(X-ray Photograph)

X線照射装置とフィルムの間に体を置き、焼きつけて画像化する検査です。

骨折や肺炎、結核、胸水、気胸、腸閉塞などの診断に有用です。

PAGETOP