症状検索

統合失調症

統合失調症

おおよそ100人に1人の割合で発症する頻度の高い病気です。
脳神経の働きが不安定になることで、さまざまな症状が出現する脳の機能障害です。
症状は多彩で、すべての症状が出現するとは限りません。
急性期(一般的には入院前後が急性期にあたります)や再発時に見られる『陽性症状』と、急性期後、長期間見られる『陰性症状』があります。

陽性症状

  • まわりに人がいないのに誰かの『声』が聞こえてくる
  • 「誰かが監視している。誰かが自分を操る。周りから嫌がらせをされる。」など、特別な意味付づけをする
  • 些細なことで過敏になり、怒ったり取り乱す
  • 目的にあった動作ができなくなり、行動がまとまらなくなる
  • 筋道立った会話ができなくなり、脱線した会話に陥る など

陰性症状

  • 喜怒哀楽の感情表現の乏しさ
  • 意欲が乏しくなり、学業や仕事などを続けていくことが困難
  • 周囲の出来事への無関心で、非活動的になる など

治療法について

薬による治療を『薬物治療』といいます。
主に統合失調症の治療に使われている薬は『抗精神病薬』と呼ばれ、不安定になった脳神経の活動に作用する働きがあります。
再発予防の為にも、症状が治まったとしても中断せず、継続的に服薬することが大切です。

PAGETOP

気分障害(うつ)

気分障害(うつ)

気が沈み、やる気が出ない。周囲との交流を避けようとしたり、考えが前に進まないなど。これらの症状は、日常生活に支障をきたす精神疾患です。
『気の持ちよう』『弱さ』が原因ではなく、個人、家族に関係する出来事(近親者、友人の死亡など)や職業に関する出来事(職務上の失敗や昇進など環境の変化)などさまざまな要因が、脳の機能障害(脳の神経伝達物質の減少など)を起こしていると言われています。

症状について

症状は多彩で、すべての症状が出現するとは限りません。『感情(気が沈む・憂うつなど)』『思考(考えが前に進まない・決断力の低下など)』『欲動(意欲の低下・動作の緩慢など)』『身体症状(睡眠障害・食欲不振など)』といった症状が2週間以上続く場合は、うつ病の可能性があります。

治療法について

まずは本人や家族がうつ病という病気を知り、病気と認識することが大切です。さまざまなストレスにより、機能障害を起こした脳神経に対して薬物療法を行いながら、職場や家庭環境を整えて、休息をとれるようにしていきます。

PAGETOP

パニック症

パニック症

満員電車の中や、授業中の教室など、しばらく逃げ場のない状況で突然、強いストレスを覚え、(心臓がバクバクするような)動悸、息苦しさ、冷や汗などの症状が現れ、このまま死ぬのではないかという強い恐怖感が生じ、病院へ受診をしてみても、病院に着いた頃、または長くても数時間で症状は消失します。

突然生じる「障害による発作」により、その発作がいつ起こるのかと恐れてしまう『予期不安』、満員電車や授業中の教室など、しばらく逃げ場のない環境から回避して、生活範囲を限定させてしまう『広場恐怖』が生じます。『広場恐怖』が進展していくと、外出恐怖となり家にこもりがちになりやすく、日常生活に支障をきたします。

症状について

動悸・息苦しさ・胸痛・めまい・しびれ・冷や汗・手足の震え など

治療法について

突然起こるパニック症状は、家族など周囲の人が病気を理解することが困難で、本人だけが悩むことが多いと言われています。
自らが望む社会活動が実現できるように、まずは医療機関へ受診し、医師へ相談して下さい。
薬物療法や精神療法(診察場面などを通して精神的な問題などを軽減することを目的とした治療法)など、さまざまな治療の有効性が認められています。

PAGETOP

アルコール症

アルコール症

世の多くの人びとが適度な飲酒を楽しんで、その酩酊感を味わっています。
しかし、一定量の飲酒を数時間毎に繰り返し、絶えず体にアルコールがある状態(連続飲酒)に陥ると、アルコール摂取のコントロールが失われ、やがて身体疾患(肝障害、膵障害、高血圧、高脂血症、上部消化管がんなど)や精神疾患(睡眠障害、うつ病など)、家族・社会的問題(家庭内暴力、事故、失職など)が生じます。
アルコール症に関わるさまざまな問題で家族や周りの人は困り、肝心の本人は治療を受けようとしないことが多いようです。
病気の理解、治療の必要性など『本人の認識』がその後の本人と医療との関係にも影響します。

治療法について

薬物療法による不安軽減や作業療法、デイケアを通したリハビリテーションなどがあります。

PAGETOP

認知症・物忘れ

認知症・物忘れ

認知症とは、それまで支障が見られなかった日常生活に、後天的な脳の広範な障害の為に、著しい支障をきたす病気です。認知症はいくつかの種類があります。
アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症 など。

物忘れ・物盗られ妄想・話にまとまりがない・今までできていた行動(衣類の着脱など)が困難になる・自己中心的で抑制が利かないような性格変化などがあります。認知症をきたす疾患が多彩な為、その症状すべてが出現するものではありません。
専門的な診断や薬物療法など効果的な治療を受ける為にも、医療機関へ受診し医師へ相談して下さい。認知症においても早期発見、早期治療が大切です。

PAGETOP